HOME アクセス 砂野会計事務所について お問合せ リンク集 サイトマップ

 

 

 

 

 

札幌の砂野税理士事務所の業務紹介です

 

会社経営サポート・起業支援

【月次監査】
当事務所職員が毎月、御社へ訪問させて頂き会計業務を徹底サポート!
素朴なものから高度なものまで、なんでもご相談ください!

 

【経営計画】
税のプロフェッショナルたる税理士として経営者の皆様の立場に立って考え、よりよい経営計画を策定。
決算の方向性や現状分析をもとに考えていきます。

 

【会計ソフト・TKC財務会計システムの導入支援・記帳指導】
まず、経営には記帳から始まり、経理業務は切り離せません。
現状の業績を的確に把握し、経営力・資金調達能力を強化するTKC財務会計システムの導入を支援しております。

 

 

 

節税対策についてもお任せください!

【節税対策】
会社経営に必要不可欠な節税対策。事業や会社経営だけでなく、FXやアフィリエイト、投資家の方などにまつわる節税対策も!
上手に節税して経営力を高め、より経営強化を図りましょう。
断片的な節税ではなく総合的な節税対策。

 

 

 

相続・贈与について

【相続税・贈与税に関する節税対策も。】
相続税申告や贈与税申告(生前贈与)、所得税準確定申告などの各種申告、相続税試算(相続対策・二次相続税対策)や財産評価等、相続・贈与に関する事も、お気軽にご相談ください。

 

 

 

青色申告のすすめ

【青色申告控除はお得!】
記帳指導や、青色確定申告書作成、開業時の届出や経費になるもの・ならないもの等のアドバイス、青色申告全般のお悩みも解決!

 

 

 

会計ソフトTKC

【会社経営・経理業務の強い味方!TKC財務会計システム】
現状の業績をしっかりと把握し、多角的に分析することにより経営改善・資金繰り対策を行い、
「記帳適時性証明書」を発行することで、金融機関等の信頼性向上を支援します。

 

 

経営革新等支援機関として

弊所は、経営革新等認定支援機関であり、お客様の経営の「具現化」、事業計画作成、取引先を増やしたい、

販売を拡大したい!をお手伝いさせて頂きます。

専門的課題を解決し、金融機関との良好な関係を作りたい、などをサポートします!

 

 

社会福祉法人会計

社会福祉法人の皆さま、会計が新会計基準になるのはご存知ですか?

 

平成27年3月31日(平成26年度決算)までに、新会計基準へ移行しなければなりません。

「専門の会計ソフトと社会福祉法人会計に詳しい職業会計人(会計士、税理士)のアドバイスが非常に大切になってきます。弊所はTKC全国会社会福祉法人経営研究会会員事務所でございます。お気軽にご相談ください。」

 

   

  • 平成12年度改正のような猶予期間がございません。
  • 社会福祉法人が営んでいる社会福祉事業、公益事業、収益事業などの全ての施設が1つの会計基準になります。
  • 区分方法が下記のように変更になります。
【現行会計基準】 【指導指針】  →  【新会計基準】
    法人全体
会計単位   事業区分
  会計区分 拠点区分
経理区分 セグメント サービス区分

 

  • 「計算書類」が「財務諸表」に呼び名が変更
  • 注記が8つ追加
  • 社会福祉法人会計基準、病院会計準則、介護老人保健施設会計など各会計基準で作成が求められていた付属明細書も統合
  • 勘定科目も非常に多くなり、科目名も変更
  • 1年基準の厳格化よって資金の範囲も変更
  • 引当金も3つに限定列挙
  • 4号基本金が廃止
  • 国庫補助金等積立金の対象範囲も変更
  • 寄附金及び共同募金分配金の会計処理も変更
  • 新たな会計手法の導入(有価証券、リース取引、退職給付債務、外貨建資産負債など企業会計に合わせた処理方法)
  • 新会計基準への移行にはかなりの準備と手間が必要になってきます。